コストダウン

明るい応接室

居抜き物件は飲食店や小売り店で使われることが多いですが、開店資金をコストダウンできる賢い方法です。同業種の居抜き物件を見つけられれば旧テナントの使っていた内装、空調や厨房の設備だけでなく、小物なども店舗のイメージに合えばそのまま使うことができるので、開店までの時間も短縮できますね。 また同業種のメリットは旧テナントに通っていた固定客も呼び込みやすいです。こういった初期費用を抑えることで、運転資金に余裕が出ます。 賃貸の居抜きの場合契約のタイミングを見極めることで旧テナントオーナーに、家賃負担の時期と譲ってもらえる設備の交渉ができるチャンスが生まれます。 退去する場合も、居抜き物件なら原状回復が免除されることは大きなメリットとなります。

使えないような汚れや古い設備は廃棄料がかかるので旧オーナーに処分を依頼したりといった工夫次第で多くのメリットが得られる居抜きですが、開店コストのシュミレーションもしっかりしたいものです。 天井が低い、予算内だけど立地が悪いなど、完全に満足いく物件を見つけることは難しいと言われていますが、条件を少し譲歩することで開店時期を早めることができます。 内装やカウンターを入れ替えるだけでも旧テナントとは違った印象の店にできたり、その居抜き店舗のマイナス部分や譲歩した箇所をチェックすることで改善点も見つけられますね。 ひとつ悪い所があっても他でカバーする姿勢でいると、視野を広く保つこともできて柔軟なアイディアを出せるようになります。